【トラップ戦略まとめ】USDJPY100円ラインで設定可能なTrendTrapの戦略を3種紹介します


前回・前々回とユーザからの質問に答える形でトラップ戦略について記事を書いたのですが大きな反響をいただきました。

ご要望がありましたので、それぞれの戦略について簡単にまとめてみたいと思います。

 

トラップ設定についてはブログ等で紹介されているケースが有りますが、殆どの場合今後の円安を見込んでトラップ設定を行っているのではないでしょうか。

現在の相場状況を見ると、ドル円が100円を挟んで上下に振幅を続けています。

節目となる値でしばらく停滞する場合、投資戦略を改めるチャンスでもあります。

 

戦略1: 100円オーバーの場合は買いのトラップ設定で100円でStopLoss

100円を上回り円安が進み100円を下回らないケースで有効です。

 

戦略2: 100円アンダーの場合は売りのトラップ設定で100円でStopLoss

100円を下回り円高が進み100円を上回らないケースで有効です。

 

戦略3: 80円〜120円でのトラップ設定

資金力が十分にある場合に限定されますが、ドル円の振幅を全て利益につなげる設定です。

買いのトラップ設定のみ、売りのトラップ設定のみ、売り買い両方のトラップ設定が可能です。

 

現在100円を挟んで振幅しており、何かのきっかけで今後一方向に相場が進む可能性があるため、これら3種類の戦略を選ぶことが可能な相場状況です。

トラップ型取引は選んだ戦略と、投資開始時期により大きくパフォーマンスが変化する取引手法です。

自分が投資する通貨ペアが、今後長期的にどのような動きをするのか予想する絶好の機会ではないでしょうか。

 

質問: 昨日の質問とは反対にドル円100円をレンジの上限と設定しTrendTrapを仕掛けるのはどうですか?

回答:

ドル円相場が100円を境にどちらへ動くか迷っているように見えます。

「100円オーバーの場合は買いのトラップ設定で100円でStopLoss」

「100円アンダーの場合は売りのトラップ設定で100円でStopLoss」

の両方、もしくはお好みの片方のみで設定してみるのはいかがでしょうか。

どちらの戦略も、一度動き出したら一方向へ進むことを前提にしています。

100円をまたいで何度も上下するケースでは、通常通り80円〜120円程度でのトラップ設定がおすすめです。

 

質問: ドル円100円というリスクを限定した上でアベノミクス版TrendTrapを動かそうと思いますが設定を教えて下さい

回答:

お問い合せありがとうございます。

ドル円100円を下回った場合には全部決済するには、手動でStopLossを設定する必要がございます。

トラップ型取引でレンジ設定を行い下限を決めた上で投資を行う手法はとても有用だと思います。

XXさんはStopLossを100円に入れるということで、大きく円高方向に動いた場合でも損失を限定できます。

反対にさらに円安方向へ進んだ場合、利益を積み上げることができると思います。

 

具体的な設定につてはこちらを参考にされてください。

MaxRange=120(トラップを仕掛けるMAXレンジ)
MinRange=100(トラップを仕掛けるMINレンジ)

この設定にしていただくことで120〜100の場合にトラップを仕掛けます。

 

質問: 購入を検討しています。TrendTrapを値引きしてくれませんか?

回答:

お問い合せありがとうございます。

直販をご利用ください。

 

直販(10%程度の値引きあり)

直販については公式サイトのお問い合わせフォームから購入希望と連絡ください。

 

ご連絡いただくと販売サイトの手数料相当分を値引きさせていただきます。

ヤフオクやfx-onで販売している手数料相当をお値引きしております。

 

質問: 購入を検討していますTrendTrapのバックテスト結果をもらえますか?

回答:

お問い合せありがとうございます。

購入者の方用のダウンロードページになりますが、

以下のページよりバックテスト結果をご確認いただけます。

■TrendTrapダウンロード方法

TrendTrap以下のダウンロードページよりダウンロードいただけます。

http://trendtrap.seriometra.net/trendtrap-dl/

ご検討いただけましたら幸いです。

質問: アベノミクス版TrendTrapを始めたいのですが、まだ間に合いますか。。?

回答:

相場の状況次第ですが1ドル100円を突破し将来的に120円まで上がる予想もございます。

短期トレンド・長期トレンド共に円安方向になりましたので十分チャンスがあると考えております。

円の急騰に備えつつ、レンジ設定・トラップ幅の設定を行っていただきますようお願い致します。
アベノミクス版TrendTrapは9,800円でご提供しております。

各種キャンペーンもそろそろ終了予定ですので、購入を検討いただいている方は早めにお願いします。

 

高機能商用EA TrendTrapのソースコード限定販売キャンペーン」ですがご好評を頂いており残り1名様となりました。

お問い合わせも多数頂いております。この機会にご検討いただけましたら幸いです。

 

「高機能商用EA TrendTrapのソースコード限定販売キャンペーン」につきましてはご検討いただいている方が多数いらっしゃるため、まもなく終了させていただきます。

今後、当キャンペーンにて購入を検討いただいてるお客様につきましては、キャンペーン終了後もキャンペーン価格での販売を検討させていただきます。お問い合わせフォームより、ソースコード購入検討中の旨ご連絡ください。

 

秋の特大キャンペーン第一弾

 

商用EA TrendTrapのソースコードを限定販売します。

先着3名様に限り66%割引した価格でご提供させていただきます。

 

TrendTrapはトラップ型EAの枠を超えた多彩な機能が魅力です。

この度、DL-Market, ヤフオク, 楽オクサイトにて先着3名様限定で特価販売を行います。

通常価格より66%OFFの価格設定としています。

 

以下のリンクよりご購入いただけます。

この機会に商用EAのソースコードをご検討ください。


ヤフオク

かんたん決済あり

 

DL-Market

EAを即時入手するにはDL-Marketがおすすめ

 

楽オク

ソースコードの限定販売あり

 

直販(10%程度の値引きあり)

直販については公式サイトのお問い合わせフォームから購入希望と連絡ください。

 

ご連絡いただくと販売サイトの手数料相当分を値引きさせていただきます。
TrendTrapにつきましては従来のトラップトレード以外でも様々な使い方を発見いただいており大変ご好評いただいております。

既存ユーザのエッジ(優位性)に関することですのであまり詳細はかけないのですが各バージョンの使い分けの例を記載しました。

 

■TrendTrap各バリエーションの使い分けの例

・円安相場時のトラップトレードでは「TrendTrapアベノミクス版」を利用

・リスク回避の円高時には「TrendTrap金融危機対応版(未発売)」(ユーザご自身で設定しているようです)

・レンジ相場時には、「TrendTrapローリスク版」をご利用

その他、相場の状況に合わせて設定を準備しておき柔軟に戦略を変更することがPFをあげるコツになります。

 

■TrendTrapフルセット版の提供開始

これまで主にユーザからのご要望によりラインナップを追加してきました。

値上げについては、先行者メリットの確保及び、フルセット版と各ラインナップを分けることが目的となります。

ご理解いただけますようお願い致します。

 

■値上げ後のラインナップ

TrendTrapフルセット版(アベノミクス版・ローリスク版を同封)

???通常価格14,800円 → 直販価格12,800円(13%引き)

TrendTrapアベノミクス版

???通常価格9,800円 → 直販価格8,800円(10%引き)

TrendTrapローリスク版

???通常価格9,800円 → 直販価格8,800円(10%引き)

 

直販につきましては販売サイトの利用手数料相当をお値引きしております。

詳細はお問い合わせフォームより購入希望と書いてお問い合わせ下さい。


ヤフオク

かんたん決済あり

 

DL-Market

EAを即時入手するにはDL-Marketがおすすめ

 

楽オク

ソースコードの限定販売あり

 

直販(10%程度の値引きあり)

直販については公式サイトのお問い合わせフォームから購入希望と連絡ください。

ご連絡いただくと販売サイトの手数料相当分を値引きさせていただきます。

 

 

■TrendTrap購入者限定販売

これまでTrendTrapを購入者頂いたことのある方先着1名様限定で特別価格にて販売させていただいております。
TrendTrapソースコード添付版 購入者限定価格

通常価格360,000円 → 購入者限定価格160,000円

TrendTrap購入者限定ソースコード販売サイト

 

■TrendTrapのソースコードに搭載されている機能

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(1)カウントダウン方式への対応〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(2)マルチカレンシー・マルチタイムフレーム〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(3)マジックナンバー〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(4)ポジションサイジング〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(5)〜オーダー実行中のウェイト処理〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(6)〜緊急停止機能〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(7)〜オーダー数調整機能〜

-?商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(8)〜デバッグ機能〜

 

TrendTrapの再販は禁止しておりますが、ソースコードを
編集して個人で利用いただけるライセンスにしております。

ご興味いただけましたら以下サイトよりご確認ください。
よろしくお願いいたします。
TrendTrap購入者限定ソースコード販売サイト

 

TrendTrap (DL-Market版)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です