商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(7)〜オーダー数調整機能〜


1つのMT4アカウントのオーダーとポジションの合計数を200までに制限している取引業者があります。

商用EAでオーダーを事前に設定するロジックを搭載しているEAではこの上限数に達することがあります。

 

TrendTrapでは今の価格から離れたオーダーを自動削除する機能を実装しています。

オーダー数の制限へ対応する機能になりますが、相場急変時のリスク回避にもなります。

急激な価格変動で、所謂上ヒゲ、下ヒゲが付く場合に大きな利益となるケースも往々にしてありますが、

大きな損失を生むケースにも成り得ます。

 

このように商用EAにはサンプルに記載がない対応をいれていたり、開発が楽になる機能を沢山準備しています。

TrendTrapのソースコードに興味をお持ちいただいたかは以下から購入可能です。

 


TrendTrap (DL-Market版)

TrendTrap

 

ランキングへ参加しています

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です