商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(5)〜オーダー実行中のウェイト処理〜


複数のチャートを開いて、それぞれのチャートに同一のEAを設定した場合のことを考えてみます。

 

オーダー実行中のウェイト処理が入っていないEAの場合、エラーとなって終了することでしょう。

TrendTrapでは他のEAが実行中(mqlのオーダー系メソッド実行中)の場合には完了まで待ちます。

オーダー実行中にウェイトする機能が搭載されているからです。

 
このように商用EAにはサンプルに記載がない対応をいれていたり、開発が楽になる機能を沢山準備しています。

TrendTrapのソースコードに興味をお持ちいただいたかは以下から購入可能です。

 


TrendTrap (DL-Market版)

TrendTrap

 

ランキングへ参加しています

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です