商用EAのソースコードに実装されてる機能〜(2)マルチカレンシー・マルチタイムフレーム〜


商用EAで重要なのは複数通貨ペア(マルチカレンシー)、複数時間軸(マルチタイムフレーム)に対応することです。

EAを購入された方がどのようにそのEAを使用するかわかりません。

例えばEURUSDの1H足限定と限定してEAを実装するのは簡単ですが、どのチャートにEAを設置しても動作するこちは重要です。

 

このように商用EAにはサンプルに記載がない対応をいれていたり、開発が楽になる機能を沢山準備しています。

TrendTrapのソースコードに興味をお持ちいただいたかは以下から購入可能です。

 


TrendTrap (DL-Market版)

TrendTrap

 

ランキングへ参加しています

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です