【質問】Gem-Trade版TrendTrap 超円安時のトラリピ設定は?


【質問】Gem-Trade版TrendTrapのパラメータについて質問です。超円安が進んでいますがトラリピ設定はどのようにすればいいでしょうか。

 

このような質問をいただいたので回答します。

Gem-Trade版TrendTrapが一番得意とする相場環境は特定のレンジ内を上下し続けるレンジ相場であることは間違いありません。

しかしながら、レンジをブレイクし、強いトレンドが発生した場合に不利になるかというとそうではありません。

現在のような超円安が進行する場合には以下の設定を行うことで有利に利益を積み上げることが可能です。

[NOTE]

SELL(売り)注文を行わない設定とする

ShortFlt = false;

[/NOTE]

TrendTrapをご利用の多くの方から、今回のアベノミクスによる円安進行時にトラリピで多くの利益を上げることができたというご感想を頂いてます。反対に売りのポジションを抱えて含み損が増加している方もいらっしゃいます。トラリピの得意な点、不得意な点を理解し、相場状況に応じた設定を行うことが高いパフォーマンスを維持する方法だと思います。

 

Gem-Tradeにトレンドフォロー型トラリピEA TrendTrapを提供開始

 

gem-trade_info

 

自動売買ソフトを無料で利用できるGem-TradeにTrendTrapを提供開始しました。

特に今回登録した5つのEAはEURJPY, AUDJPYなどクロス円の通貨ペアでそのまま利用いただけるようパラメータ調整済みとなっております。

パラメータ調整済みのEAですが、どのTrendTrapを使用しても全通貨ペアでご利用いただけます。

 

対応通貨ペア

  • 全通貨ペア

パラメータ調整済み通貨ペア(Gem-Trade提供)

 

gem-trade_trendtrap

 

 

Gem-Tradeで口座開設を行うと通常有料で提供されているEAを無料で使用することができます。

Gem-Tradeでは1月より日本で人気のPepperStoneとForex.comUKを含む新たに3つの取引業者の利用が可能になりました。

 

Gem-Tradeを利用できる海外FX取引業者

  • PepperStone
  • Forex.comUK
  • FXDD
  • XEMarkets
  • HotForex
  • FXFTrading
  • 4xp

 

Gem-Tradeの口座区分

口座資金残高に応じて4つのユーザ区分が用意されています。

ユーザ区分の違いとしては口座残高が増えるに従いダウンロードできるEAの数が多くなります。

TrendTrapは1つのプログラムで全通貨ペアをお取引いただけますので一番下のユーザ区分「お試しユーザ」でも十分お取引可能です。

 

gem-trade_account

Gem-TradeでTrendTrapをダウンロードはこちら

Gem-Tradeアフィリエイト

 

ランキングへ参加しています

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です