【シストレナビゲータで】TrendTrap開発者インタビュー受けました【開発者のポートフォリオ公開】


先日TrendTrap開発者として取材を受けました

日頃システムトレードの開発で気をつけているポイントについて

実際に運用しているポートフォリオについて語りました。

 

第17回 トレンドフォロー型トラップ系EA「TrendTrap」開発者!

スペシャルインタビュー 第17回 | シストレナビゲーター.

 

[NOTE]

EA開発を始めた経緯を教えていただけますか

やまかがしさん >>
学生の時から投資していましたが、社会人になると裁量取引ではタイミングを逃してしまったりして、難しいと感じるようになりました。そこで、システムで自動的に取引をできないかと思っていたところ、VTraderというツールを知り、2006年頃からシストレツールの開発を始めました。EAの開発は2008年頃から開始をいたしました。当時はまだ日本では取り扱っているところが少なかったので、海外のMT4で自作のEAを使い運用していました。
これまで異なる戦略の十数本のEAを開発。現在はMT5用のEAを研究しています。FX以外にもオプション等の研究をして新しいロジック作りに活かしています。

 

?裁量やシステムトレードの運用方法をしていますか。

やまかがしさん >>
前述のとおりなかなか、本業で取引ができないので裁量はやりません。システムトレードは自作のEAを用いて運用をしています。同時に複数の戦略を稼働させて年利200%を超えないように調整をしています。なぜかというと、これ以上目指してしまうとリスクが高過ぎると考えています。

 

システムトレード開発において気をつけているポイントはありますか。

やまかがしさん >>
それぞれの戦略には向き、不向きがあります。完璧なシステムはありません。
基本的には複数のロジックを同時に稼働させて、ポートフォリオを組んでいます。
例えば4種類のEAを稼働させる場合には、戦略として、ブレイクアウト、スイング、スキャルを組み入れます。たとえ、どれかが負けても他で利益を上がればよいので、トータルで利益が上がればよいと考えています。

[/NOTE]

 

続きはこちらから

第17回 トレンドフォロー型トラップ系EA「TrendTrap」開発者!

スペシャルインタビュー 第17回 | シストレナビゲーター.

 

 

fx-onにて、TrenTrapを価格19,800円で販売しており、アフィリエイトパートナー様への料率を「10%」で設定しております。
ブログサイトをお持ちの方でご紹介頂ける場合は、以下にパートナー登録の説明がありますのでご検討ください。
TrendTrapはヤフオク, fx-onで提供しております。
にほんブログ村 為替ブログへ???にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ? ?

ランキングへ参加しています

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です