【お問い合わせの3割を占めるご質問】アベノミクス崩壊を見据えたTrendTrapピラミッディング投資法


TrendTrapは非常に自由度が高いEAです。
普通のトラリピEAとして通常通り使っていただくことももちろん可能ですが設定次第では、ある程度リスクはあるものの高収益をあげるためのツールとして使うことが可能です。

 

TrendTrapを検討されている方の中には、通常のトラップ型トレードではなく利益を追求するためのツールとしてTrendTrapの購入を希望される方がいらっしゃいます。

 

実際にseriometra.netへ寄せられる質問の内、およそ3割は『TrendTrapをフルレバピラミッディングツールとして使うにはどうしたらよいか?』という質問になります。

 

ピラミッディング投資法とは、買い下がりを行うナンピンとは逆の投資手法で、利益が出る方向へ相場が進んだ場合にポジションを積み増ししていく投資法です。
ポジションを積みましていくため含み益が加速度的に増加していきます(その反面逆行した場合にリスクが大きくなります)。

 

今回ご紹介するTrendTrapを使ったピラミッディング投資法は、円高相場に備えポジションを積み増しながら、トレイリングストップを使い利益を確保しつつ大きな利益を上げるための投資法になります。

 

※リスクが高い分収益が見込める投資法になりますが、全ての方におすすめできる投資法ではありません。くれぐれも理解された上で自己責任にて投資判断をお願い致します。

 

TrendTrapをピラミッディング投資ツールとして使用する手順

(1): 複数通貨ペアでTrendTrapを同時に設定する

・USDJPY
・EURJPY
・GBPJPY
・AUDJPY
(2): 円高方向へSellStopでオーダーを出す設定とする
LongFlg = false
ShortFlg = true
BuyStopFlg = false
SellStopFlg = true
BuyLimitFlg = false
SellStopFlg = false

 

(3): AutoTrendModeはfalseとして使用しない

AutoTrendMode = false

 

(4): AutoMoneyManagementModeはtrueの場合さらに利益が見込めるが通常はfalseでポジション数を固定にする

AutoMoneyManagementMode = false
BasicLots: 0.01

 

(5): 通貨ごとの設定
– EURJPYの例
TrapValue = 0.05
TrapSpreadValue = 0.05
LimitValue = 0
StopValue = 0
StopRate = 0

 

(6): トレイリングストップの設定
TrailStopValue = 0.4
TrailStopStartValue = 0

 

(7): レンジの設定
MaxRange = 120.0
MinRange = 80.0

 

このような設定にすると、EURJPYの暴落時にポジションを積み上げ、暴落が進むに連れてトレイリングストップを利益を確定する方向にずらしてくれます。

 

マネーマネジメントと運用ルールについて

(1): 追加の証拠金を請求されないゼロカットに対応している業者を使用する(xm.comなど)
– ハイリスクな投資を行う場合にはゼロカットに対応している業者を選ぶことは必須の条件となります。
(2): レバレッジは200倍の講座を準備する(400倍、500倍だと少しの戻りでロスカットするため)
– リアルタイムにレバレッジを変更できる業者が望ましい
– 最初は400倍など高いレバレッジでポジションを膨らませて
– 徐々にレバレッジを落としていく戦略が経験上最も高収益をあげることが可能

 

(3): ポジション数と資金管理はレバレッジに任せる(200倍のフルレバ取引とする)
– フルレバ取引のため資金は少額で開始可能
– フルレバピラミッディング投資法は、1万円で数十万円の利益をあげることが可能
– 暴落を待つため何度も入金とロスカットを繰り返す可能性があるがコストとみなす必要がある

 

(4): 通常時は資金を入れずにEAを停止し暴落が始まったらすぐに入金する
– リアルタイム入金ができる業者でないと暴落の初動についていくことができない
– 相場が動き出して入金しても十分間に合う

 

(5): 相場に影響をおよぼす大きなニュースを契機に入金する
– 速報を入手できる環境を整える(今であればtwitterが一番早い)
– 暴落の契機となるニュース
– EUの金融機関の破綻
– 格付け機関によるユーロ格下げ
– アメリカ株価暴落
– 中東や東南アジアでの地域紛争
– 財政破綻

 

説明が少々長くなりましたが、少ない資金から大きな利益を上げるためのツールとしてTrendTrapを購入される方が多いため特別企画としてレポートさせていただきました。

 

TrendTrapにはEA開発に必要な多くの機能が搭載されています。

EAのプログラム言語であるMQLが少しでもわかる方やEAを作ったことがある方は、TrendTrapのソースコードから部品を取ってくるイメージでオリジナルのEAを作成することができると思います。

 

TrendTrapに搭載されている機能

ソースコードに実装されている機能~(1)カウントダウン方式への対応~
ソースコードに実装されている機能~(2)マルチカレンシー・マルチタイムフレーム~
ソースコードに実装されている機能~(3)マジックナンバー~
ソースコードに実装されている機能~(4)ポジションサイジング~
ソースコードに実装されている機能~(5)オーダー実行中のウェイト処理~
ソースコードに実装されている機能~(6)緊急停止機能~
ソースコードに実装されている機能~(7)オーダー数調整機能~
ソースコードに実装されている機能~(8)デバッグ機能~
ソースコードに実装されている機能〜(9)トレイルストップ機能〜
ソースコードに実装されている機能〜(10)ストップロス機能〜
ソースコードに実装されている機能〜(11)トレイルストップ開始幅設定機能〜

 

今後も有償EAにもかかわらずソースコードを公開している特異なEA TrendTrapをよろしくお願いします。

現在TrendTrapをお得にご購入いただける夏のキャンペーンを実施しております。

TrendTrapソースコード版が29,800円でご購入いただけます。

ご検討いただけましたら幸いです。

 

TrendTrapソースコード版購入方法

希望される方は、右側のお問い合せより「TrendTrapソースコード版購入希望」と書いてご連絡ください。
詳細な購入方法をご連絡させていただきます。

TrendTrapソースコード添付版(TrendTrapフルセット版を含む)
通常価格98,000円 → 限定価格29,800円

TrendTrapフルセット版

通常価格29,800円→限定価格19,800円

TrendTrap トレンドフォロー型トラップEA 公式サイト

TrendTrap

TrendTrap (DL-Market版)

TrendTrap

ランキングへ参加しています

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です